FC2ブログ

記事一覧

囲碁AI(LeelaZero ELF)の序盤研究3

いつもご覧頂き、ありがとうございます。

今回は、囲碁AIと組み合わせて検討できるソフト「Lizzie」を使って、3回目の序盤を研究していこうと思います。

ハード環境及びソフト環境は、以下の通りです。

◆ハード環境(Google Cloud Platform)
  ・CPU:Intel Sandy Bridge(4コア)(GCP上の表記)
  ・メモリ:15GB
  ・GPU NVIDIA Tesla V100(1個)
◆ソフト環境 
  ・ソフト名:Lizzie(ELFOpenGo版weight)
  ・設定:AIによる考慮は研究局面で行う。AIの読みが確定した時点での手順を使用する。

まずは、三々入りの変化について、改めて振り返ります。

<図1>


図1は、三々入りの変化で良くみかける進行です。白〇の目的は、左下隅の変化を続けて応じると、同地点に黒から割り打ちされるのを避けたことです。この局面では、左辺方面に白石が多いため、白が外勢を構えるという発想は自然だと思います。ただし、左上隅の変化は進行途中で、黒からのキリが気になりますね。
さて、このような応酬から、黒からの狙いとなるキリについて、研究していきます。
なお、ELFの評価値は、黒53.9%/白46.1%です。ELFの候補手にキリはありませんが、部分的には考えられる手だと思いますので、評価値と私の意見を交えて進めていきます。

<図2>

棋譜再生


図2は、黒が切った時の変化の一つです。黒13キリから黒17ノビまでは、戦いの優劣に関わるため、ほぼこうなるところだと思います。白としては、左側の3子と右側の3子が切り離されているため、戦いが忙しく見えますね。一見、黒からH15とD14付近に迫られる手を見合いにされ、大変そうですが。。
ここで、ELFの読みは、白18と守り、左側は白20、22で凌げるという判断のようです。
ELFの読み通り、白は左上隅の黒に対して効きがあるのが大きいですね。この白22の効きを利用して、白12の石と連絡する手段や、部分的に白28と活きを図る手があるため、黒19と迫る手を上手くかわして収まっていると思います。また黒19に対して、白が間を割いていく手(E14やE13)が気になりますが、黒が上辺や左辺に外勢を得て互角という対応策があるようです。白としては、部分的に黒が1個多いところで、白30まで上辺と左辺両方収まり形にできた点では不満がないように思います。
一方で、黒は白の手抜きを咎めて切って戦いに持ち込みました。この戦いの中で、黒19はAIの考え方を主張させる一手で、とても興味深いですね。私はD14ともっと近くへ迫る手を考えていましたが。。ELFは、白28、32と低い位へ押し付けて、黒29とすぐに攻められにくい形を作り、白12を効率の悪い手にさせて十分だと判断しているのが素晴らしいですね。
この変化のワカレは、黒に無理のない流れで、白の位が低くなってしまいました。全局的にはやや白が辛いように思います。白としては、中央の黒一団を睨みながら、攻めるチャンスを伺う展開でしょう。
なお、ここでのELFの評価値は、黒47.0%/白53.0%です。ELF的には、ほぼ互角のようです。

<図3>

棋譜再生


図3は、私が気になっていた黒19とより近くへ迫る手の変化です。黒19に対しては、白20が冷静な対応なようです。これは、黒21と白22の地点を見合いにして、凌いでいるという読みだと思います。この白20に対して、黒B14と白を封鎖するのは、外の黒が弱く、崩れてしまうようです。
白32までのワカレは、左辺の白が高い位で連絡していることが、図2とは大きく違いますね。白32まで、左辺と上辺両方高い位へ構え、白は大場に先行して足早な展開だと思います。
なお、ELFの評価値は黒41.1%/白58.9%で、白良しと見ているようです。

<図4>

棋譜再生


図4は、図3の変化中にB14と封鎖する手です。この手は、黒が薄く明らかに無理ですね。左辺を1子取られて突破されてしまっては、損が大きいと思います。これでは、黒は封鎖しにいったのに、何も出来なかったのと同じなので、失敗でしょう。
なお、ELFの評価値は、黒4.0%/白96.0%となり、大きく白へ形勢が傾いています。ELF的には、ほぼ勝つだろう数値(白勝勢?)と見ているようです。個人的には、この勝率90%を超えてから逆転負けしているELFを見たことがない気がします。

改めて、AIと人の考え方に大きな違いがあると感じました。人同士であれば、大なり小なり必ずミスがありますし、油断して逆転ということも多々起こります。現在の囲碁AIでは、人間的な駆け引きはないと思います。(今後実現はあるかも?)なので、AIと人の良いところ(AIの意見と人の意見)を生かしていくことが、大切だと思います。

今後とも、囲碁将棋サロン大沢野をよろしくお願い致します。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

谷村康成

Author:谷村康成
富山県内の大沢野行政センター近隣にて【囲碁将棋サロン大沢野】を始めさせて頂くことになりました。谷村康成です。
高校・大学時代は東京の緑星囲碁学園にてご指導頂き、プロを目指しておりました。現在は、お世話になった方々へお役に立たちたいと思い、富山県へ戻ってまいりました。今まで多くの方々にご支援・ご協力の元、様々な経験をさせて頂きましたこと、感謝申し上げます。今後は、皆様の意見を取り入れた上で、一つの考え方に固執せずに多方面へ視野を向け、新たな道へ前進していこうと思います。今後とも、変わらぬご支援、ご協力を頂ければ幸いです。

 ◆営業時間:13時~19時
 ◆定休日:水曜日
 ◆TEL:090-2034-5637
 ◆E-mail:osawano3004@gmail.com
 ◆席料:大人1000円(※初回の方は一律500円)
     月会員=10000円
     回数券(11枚綴り=10000円)
     ペア割引(1人=800円)
     親子割引=1000円
     学生(高校・大学)=800円
     学生回数券(11枚綴り=8000円)
     子供(小・中学生)=500円
     子供回数券(11枚綴り=5000円)
     指導碁(1回=500円)
     出張対局(1回=500円)(交通費は実費頂きます)
     
 ◆子供教室:将棋(土曜日:10時〜11時)
       囲碁(日曜日:10時〜11時)
       月3回
       月謝2000円
        ※コース制もございます。詳しくはお尋ね下さい。
 
 ◆親子、お一人様、団体様のご来場でも大歓迎です。初めての方から経験者の方まで、どなたでもご来場頂けます。出入り自由です。
 ◆囲碁の書籍・ビデオ、将棋の書籍はご自由にご覧下さい。
 ◆お茶はご自由にお飲み下さい。
 ◆コーヒーは1杯100円です。
 
 ◆お車でお越しの際は、大沢野行政センターの駐車場をご利用ください。(第一、第二駐車場有)
 ◆公共交通機関(バス)でお越しの際は、【大沢野小学校前】のバス停をご利用ください。バス停から【囲碁将棋サロン大沢野】まで徒歩5分くらいです。



Twitter:@osawano3004
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100025164952514

フリーエリア

カテゴリ

シンプルな一行時計

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-